阿部 なな子 ABE Nanako横浜美術大学

J01abenanako.jpg

クリックで拡大されます

colors
油彩/麻布
162 × 162 cm

2014年

作家からひとこと:

感情にも色がある。ピエロをモチーフに、いろんな色に変わっていく感情を描きました。抽象と具象表現の融合を制作テーマに人間の内側と外側を表現しています。
経歴

1991年 生まれ
2014年 横浜美術大学 美術学部美術学科絵画コース 卒業
2013年 ハマ展(横浜赤レンガ倉庫/神奈川)

abenanako_past
sew up the face
油彩/麻布
162.1 × 260.6 cm

2014年


Q&A

Q あなたにとって大切な本・映画・音楽があったら教えてください。
A エターナル・サンシャインが映画の中で好きな作品です。ヒロインの髪の色がコロコロその時の心情を表すように変えられる演出が大好きで、私の作品と少しつながる所があったのでこの映画との出会いは制作においても良いものになりました。作品にオレンジ色を多く使うようになったのもこの映画を見てからのような気がします。
Q アーティストを目指すきっかけはどんなことでしたか?
A 大きなきっかけというものは特にはないです。幼い頃から絵を描くのが好きで、唯一飽きることがなく続けてこれたものであります。大人に近づくにつれて、絵を描くことから離れたくないという思いが徐々に強くなっていくのを感じました。
Q 制作するときに欠かせないものはありますか?
A 音楽を聴きながらの制作が多いです。色のイメージが湧きやすいのと集中しやすいので。ただ、私は集中力が長く持たないほうなので、休憩をたくさんとります。ぼーっとしたりテレビを観たり、制作モードのスイッチを頻繁に切って頭の中を一度空にしてから再開するようにしています。
Q 同じ世代のアーティストについて、どう感じていますか?
A いろんな表現があるんだと驚き、とても良い刺激になっています。同世代というので自分と比べてしまってかなり落ち込んでしまいますが、それと同時に制作意欲もぐんぐん湧いてきます。
Q 10年後のあなたについて空想してください。
A 今自分の表現したいものが曖昧で、まださぐっている部分があるので、10年後もっと深く絵と関わって自分の表現を見つけられていたらいいなと思います。