村岡 陽菜 MURAOKA Haruna北海道教育大学

muraokaharuna

クリックで拡大されます

in a gush
油彩/キャンバス
130.3 × 162 cm

2014年

作家からひとこと:

流れていく光景の一瞬一瞬を拾って描きたいと思っています。空気感を再現するように描くことや、光と影によって生まれるぼんやりとした断片的なかたちの面白さを大切にして表現したいです。写真らしさと油絵の具らしさを組み合わせて、絵画独自の豊かで深い画面を作ることをめざしています。
経歴

1989年 生まれ
2012年 北海道教育大学 教育学部芸術課程美術コース 卒業
2014年 北海道教育大学大学院 教科教育専攻美術教育専修 修了
2012年 第67回二紀展(国立新美術館/東京)
第87回道展(札幌市民ギャラリー/北海道)
2013年 北海道教育大学油彩画研究室大学院生展(札幌時計台ギャラリー/北海道)
第68回二紀展(国立新美術館/東京)
第88回道展(札幌市民ギャラリー/北海道)

muraokaharuna_past
remembrance
油彩/キャンバス
162 × 130.3 cm

2013年


Q&A

Q あなたにとって大切な本・映画・音楽があったら教えてください。
A 本はトーベ・ヤンソンの文学が好きです。ムーミンが大好きなんですが、ムーミン以外の作品もとても素晴らしいです。音楽はGARNET CROWが大好きで絵を描くときもいつも聴いています。映画はあまり観ません。すみません。
Q アーティストを目指すきっかけはどんなことでしたか?
A 昔から絵を描くのは好きだったのですが、画家になりたいなんて思っていなくて、でも大学、大学院で油絵を描いているうちに趣味じゃなくて一生絵を描いていきたい、表現者としてやっていきたいと思うようになりました。周りの同級生や先生方のおかげだと思います。
Q 制作するときに欠かせないものはありますか?
A 眠かったりお腹が空いていたりしないこと。
Q 同じ世代のアーティストについて、どう感じていますか?
A いつもは札幌にいるのであまり同世代のアーティストの方と関わる機会は少ないのですが、公募展等で東京に行くと少しお話できたりして、みなさん積極的に展覧会をしたりとんでもない量を制作されてたりしてびっくりします。私も頑張らないとと思います。
Q 10年後のあなたについて空想してください。
A 絵について新しく何かわかったことが増えていたらいいなと思います。きっと絵の方向性やモチーフはあまり変わらないで、相変わらず狭い部屋で油絵具にまみれて制作しているのでしょうか。