宍戸 純 SHISHIDO Jun広島大学

P01shishidojun.jpg

クリックで拡大されます

骸 II
油彩/キャンバス
162 × 162 cm

2014年

作家からひとこと:

私は巨樹や古木を主なモチーフとし、絵を描いています。
それは私が表現したいと思う「生命の力強さ」や、その裏側に潜んでいる「朽ち、滅びゆく儚さ」のイメージとぴったりと重なっているからです。
強さと儚さ、優しさと厳しさ、激しさと静けさ…そんな表裏一体となったものを描きながら、力強くも危うい、どこか人間の内面を醸し出すような作品を描いていけたらと思っています。
経歴

1987年 生まれ
2009年 広島大学 教育学部第四類造形芸術系コース 卒業
2011年 広島大学大学院 教育学研究科(博士課程前期)生涯活動教育学専攻造形芸術教育学専修 修了
2011年 第13回雪梁舎フィレンツェ賞展 優秀賞(雪梁舎美術館/新潟、シアター1010/東京)
2012年 第6回ガレリア・レイノ大賞展 大賞
2013年 広島大学造形選抜展「絵画×版画×彫刻」(八千代の丘美術館/広島)
松岡裕治×宍戸純 二人展(はらみちを美術館/広島)
樹響展(松井銘木gallery.shop/島根)
2014年 第5回 雪梁舎 風の会展 (雪梁舎美術館/新潟)
第47回島根県総合美術展 洋画部門 知事賞(最高賞)(島根県立美術館/島根)

shishidojun_past
予感
油彩/アクリル絵具、墨汁、木炭、パネル
162 × 162 cm

2010年


Q&A

Q あなたにとって大切な本・映画・音楽があったら教えてください。
A もののけ姫、バガボンド
Q アーティストを目指すきっかけはどんなことでしたか?
A 私の絵を見て、喜んでくれる人がいたから。
Q 制作するときに欠かせないものはありますか?
A コーヒー、チョコレート
Q 同じ世代のアーティストについて、どう感じていますか?
A 良い刺激であり、励みである。負けたくない。
Q 10年後のあなたについて空想してください。
A 子育てに奮闘しながら、絵を描いている。
できれば、誰かから憧れられる存在になっていたい。