鈴木 沙織 SUZUKI Saori筑波大学

D05suzukisaori.jpg

クリックで拡大されます

夜の陰
日本画/岩絵具、膠、麻紙、パネル
162 × 97 cm

2012年

作家からひとこと:

夜に鉄塔を見上げると、人の造り出した物に対する憧れや畏怖に近い感情を抱きます。本作より以前は自然から得た感動をもとに自分の内面と向き合い表現してきましたが、建造物を題材とすることで、出身地である奈良で見てきた仏像などに対する想いが呼び起こされるように感じます。
経歴

1989年 生まれ
2011年 筑波大学 芸術専門学群美術専攻 卒業
2013年 筑波大学大学院 人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻 修了
2012年 第39回創画展(東京都美術館/東京、京都市美術館/京都)
碧い石見の芸術祭2012全国美術大学奨学日本画展 水澄みの里賞(三隅中央会館/島根)
2013年 第39回東京春季創画展(日本橋高島屋/東京)

suzukisaori_past
分岐点
日本画/岩絵具、膠、麻紙、パネル
53 × 40 cm

2011年


Q&A

Q あなたにとって大切な本・映画・音楽があったら教えてください。
A 荒井由美のアルバム『COBALT HOUR』です。小さい頃カセットテープで繰り返し聞いていたので、これを聞くと初心に戻れるような気がします。今のユーミンも大好きですが、「卒業写真」や「ルージュの伝言」を歌っていたこの頃の曲が特に好きです。
Q アーティストを目指すきっかけはどんなことでしたか?
A 幼い頃母に連れられていった展覧会で、1枚の絵の前から動けなくなったことがきっかけです。16世紀頃の油絵だったのですが、その絵を描いた昔の人が自分に話しかけているように思えて、私がいなくなったあとも自分の描いた絵がたくさんの人とお喋りしてくれたら素敵だと考えました。
Q 制作するときに欠かせないものはありますか?
A 自然や芸術作品などから感動を貰うことです。絵は私にとって、言葉より自由に自分の中身を表現できる方法だと考えているので、感情を揺さぶられることとそれを吐き出すエネルギーが必要です。エネルギー補充に欠かせないのはスニッカーズです。チョコレートとキャラメルの組み合わせをこよなく愛しています。
Q 同じ世代のアーティストについて、どう感じていますか?
A 何を食べたらこんな作品が出来るんだろうと不思議に思います。たくさんの人と話して丸呑みにして消化したいです。尊敬する先輩や仲間がいて私は幸せ者です。これからお互いにどう変わっていくんだろうと楽しみな気持ちになります。
Q 10年後のあなたについて空想してください。
A 筑波で過ごした6年間で、地元の奈良で見てきた寺院や仏像、曼荼羅図などが自分の作品に影響していたことを知りました。大学での人や物との出会いがこれからの作品に出てくると思いますし、学生でなくなってからのこの10年で方向性も変わってくるかもしれません。ただ何年経っても相変わらずペットのウーパールーパーは溺愛していると思います。