渡部 直 WATANABE Sunao筑波大学

D12watanabesunao.jpg

クリックで拡大されます

釣り少年の放心
木彫/樟
180 × 60 × 140 cm

2013年

作家からひとこと:

木から彫り出すというプロセスが負う制約や、木という素材の繊維質な材質感、そういうものを目の前にし、自身がどういう態度をとりたいのか確かめながら、形を決めています。
経歴

1986年 生まれ
2010年 筑波大学 芸術専門学群美術専攻 卒業
2012年 筑波大学大学院 人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻 修了
現在 筑波大学大学院 人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻 在学中
2010年 第14回那須野が原国際彫刻シンポジウム参加(ふれあいの丘/栃木)
2012年 平成23年度筑波大学博士前期課程芸術専攻修了制作展 筑波大学芸術賞(茨城県つくば美術館/茨城)
第86回国展 国画賞(国立新美術館/東京)
2013年 第87回国展 国画賞 準会員推挙(国立新美術館/東京)
2014年 第88回国展 彫刻部F氏特別賞受賞 会員推挙(国立新美術館/東京)

watanabesunao_past
忘我 立ちのぼる
木彫/樟、油絵具
48 × 19 × 35 cm

2013年


Q&A

Q 制作するときに欠かせないものはありますか?
A ある程度の空間を確保して離れて見たり、電気を消して自然光で見たり、制作しているものを新鮮に・客観的に捉える時間を設けるように留意しています。