吉田 修 YOSHIDA Osamu大東文化大学

H03YOSHIDA Osamu.jpg

クリックで拡大されます

イメニシミユル
書/墨、紙
226 × 52.6 cm

2014年

作家からひとこと:

古の人の詠んだ歌は、即ち古の人の魂の結晶に他ならない。それをなぜ今、私たちは筆を執って「書く」のだろうか。書き手の立場、置かれた状況によって答えは様々考えられる。しかし、私は「書く」ということを通して、かつてこの世界に存在した(詠み人の)命、あるいは現代に生かされた(鑑賞者の)命との関係の構築を目指しているのだと思う。そのような志向の純粋な結果として、この書もまた、ここにあれたらと願う。
経歴

1989年 生まれ
2012年 大東文化大学 文学部書道学科 卒業
2014年 大東文化大学大学院 文学研究科書道学専攻博士課程前期課程 修了
2012年 第29回読売書法展 特選(国立新美術館/東京)
2013年 第98回書教展 桐花賞(東京都美術館/東京)
2014年 大東文化大学大学院文学研究科書道学専攻博士課程前期課程10期生修了制作展(東京銀座画廊美術館/東京)
Vocal Arts Theater No.4 美しい日本語の文字と声―書体・書風による声の変化(国立オリンピック記念青少年総合センター/東京)
第31回読売書法展(国立新美術館/東京)

yoshidaosamu_past
いろはうた
書/墨、紙、パネル
225.7 × 612 cm

2013年


Q&A

Q あなたにとって大切な本・映画・音楽があったら教えてください。
A 本・風木一人「青のない国」/ 映画・Antonio de la Torre「CANNIBAL」/ 音楽・Bill Evans Trio「WALTZ FOR DEBBY」
Q 制作するときに欠かせないものはありますか?
A 大切な人を思う心。
Q 10年後のあなたについて空想してください。
A 10年前の自分を見守る存在でいてほしい。